雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

「死んでもいい」と言われたら流石にこたえた、それも娘に

二人娘がいます。

姉は10歳で妹は4歳です。

恥ずかしながら目に入れても痛くないほど可愛がっております。

いけない事をした時は妻がしっかり叱ってくれるので、私が叱る事はほぼありません。

娘たちにしてあげられる事は何でもしています。

「親ばか」というか「ばか親」と自分でも思うほどです。

 

そんな折、先日の妹。

「お父さんなら死んでもいいよ」

なんの脈絡もなく唐突に言い放ちました。

つい最近おもらしをしなくなったような輩から、渾身の言葉の暴力です。

「え、何でそんなこと言うの?」

しどろもどろになりながら聞いてみました。

「お父さんすぐ怒るんだもん」

えっ!?全然怒ってないのに!?

「だって足に乗ったりしたら怒るでしょ!!(怒)」

 

 

 

私はフットサルが趣味で、度々怪我をしています。

今は右足の親指が大分腫れています。

胡坐をかいて新聞を読んでいる父の膝に乗ろうとして、右足を踏みつける娘。

「いっだあああぁぁぁ!!!やめて!!」

 

 

 

数か月前は、病院に行っていませんが、おそらく肋骨にヒビが入っていました。

深呼吸やくしゃみでも激痛です。

辛いので横になっていたら、娘がダイブしてきました。

「うぎゃあああぁぁぁぁ!!痛い!何で(そんな事をするの)!!」

 

 

 

思い起こせば確かに叫んでいました。

あれを怒っていると呼ぶのなら、そうかも知れません。

でも、それは怒るというか心の叫びと呼んでもよい物でした。

だって本当に痛くて止めて欲しかったのです。

「それは逆ギレだよ」と思いましたが、あまりにも「死んでもよい」の衝撃が強すぎて何も言えませんでした。

お母さんからは「そんな事言ってはダメだよ」とたしなめられていました。

 

私はもう絶対に怪我はしない!と心に誓いました。