雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

七夕の短冊に書いた願いは、強制された物だった!?

今週のお題「星に願いを」

 

4歳の次女が短冊とペンを持ってきた。

「お父さん、これに書いて」

今日は7月7日、七夕だ。

ふと見るとリビングの一角に小さな笹が活けてあり、短冊がいくつか下がっている。

「獣医になりたい」

これは10歳の長女。

真摯にも、父親の職業に憧れを抱いている。

お父さんみたいな獣医になりたいの?と聞くと、意味深長にニヤリと笑い、あぁ、まぁ。と答えるのは、照れているのだろうと好意的に解釈しておこう。

「じゅうすやさんになりたい」

4歳の次女。

そういえば長女もこの頃は、ぱんやさんとじゅうすやさんになりたいと言っていたな、と懐かしく思い出す。

お父さんは貴女たちが幸せに暮らせれば、どんな職業でも満足だよ。

さて、私の願いはなんと書こう?

と考え始める暇も無く、次女が言った。

「家族みんなで幸せ暮らせるように」って書いて!

超いいよ!次女!

今の時点でもお父さんは十分に幸せです。

でも、お父さんの個人的な願いは無しなんだね。

それが我が家でのお父さんというものなんだろうけど。

 

怪我をせずにフットサルが出来ますように

 

小さい願いです。