雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む』ドリヤス工場

 

 

f:id:kazuyoshisan:20180713192247j:image

読んでおきたいよな、と思いつつもついぞ手がでないままでいる、あの有名な作品を漫画にしてくれたものです。

それもだいたい10ページという読みやすさ。大変に親切です。

 

この本は、読んだ事のない人の取っ掛かりとしてとても良いのですが、読んだ事のある人でも十分に楽しめます。

古い日本の街並みや、遠い異国の山河などは、自分が思い描いていたものとのギャップが楽しめたりもします。

また、登場人物の顔や雰囲気も、想像通りだったりそうでなかったり。

10ページに濃縮してまとめてあるので、受け取り方にかなりの自由があります。

 

太宰治の『人間失格』、カフカの『変身』、芥川龍之介の『トロッコ』などなど、読んでいなければ、内容だけでも知っておきたい、そうそうたる作品が並びます。

全編を通して、最もびっくりしたのは、カフカの毒虫の描写です。ちゃんと読んだことの無い作品で、薄っすら知っているだけでした。

想像ではイモムシの様な風体でしたが、この作品では甲虫でした。そして、とにかくデカイ!

これは一緒に暮らしなくないよな、と思いつつ、本当にぶっ飛んだ展開にびっくりしました。

 

著者はドリヤス工場さん、で合っているのでしょうか?出版社名なのか、いまいち確信が持てません。

絵は、ほぼ『ゲゲゲの鬼太郎』です。

最初は水木しげるさんの作品かと思いこんでいました。

オマージュしているのは間違いなさそうです。

 

これは、少年少女皆さんにオススメしたいです。これを読んで興味を持ったら、その原作を読んでみる、という事もありそうです。

 

実は小学生の娘の為に買いました。

しかし、娘が読む前に父親が全て読んでしまいました。

それくらい、大人でも楽しく読める作品、と言えるのではないでしょうか。