雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

『私の夫はマサイ戦士』永松真紀

 

私の夫はマサイ戦士

私の夫はマサイ戦士

 

 

f:id:kazuyoshisan:20180714131215j:image

ケニアは一年を通して丁度良い気候です。

首都のナイロビでは近代的なビルが立ち並び、文化的な生活を送っています。

物を知らないって恐ろしいですね。私には、サバンナの草原しか、ケニアのイメージがありませんでした。

ライオン、ゾウ、キリン、シマウマ。

典型的な人のイメージは、本書のタイトルのようなマサイ族だったりします。

まあ、アフリカの有名なサッカー選手を考えたら、そんなイメージは間違いだと分かった筈ではありますが。

 

著者は添乗員として、ケニアを訪れます。

そして永住することになるのですが、その1番の理由に、涼しくて過ごしやすい事を挙げています。

湿度が低いためカラッとしていて、気温もそこまで上がらないそうです。

ケニアの都市で暮らす人々には、多種多様な部族がいます。

その中で、マサイ族はかなりの少数派です。

彼らは、髪を土で赤く染め、土で作った家に暮らし、ビーズのような物で作ったネックレスをして、戦士は槍と盾を持ち、ライオンを狩ったりします。

これはかなり驚いたのですが、そんな彼らにも携帯電話は必需品となっているのだそうです。

本当に意外でびっくりしましたが、サバンナでサバイバルをするために必需品なのだと聞くと、それもそうだと、妙に納得してしまいます。

ちなみに、身体の装飾品もかなり輸入品を使っているので、携帯電話だけが特異な物という訳では無いようです。

 

さて、著者はマサイの戦士に恋をします。

一人前の戦士になるための儀式を行っている、彼を見ている時に、です。

果たして、日本の女性とマサイの男性がどのように出会い、どのように惹かれ合い、結婚をするのか。

タイトルを読んだ時は想像がつきませんでしたが、本書を読むと納得です。

ライオンのよう倒せる男性は、間違い無く魅力的でしょう。

 

出会いが無い、と嘆いている年頃の皆さんに、是非とも読んでいただきたい作品です。

世界中を探したら、素敵な人はいくらでも居ます。