雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

『スキンシップゼロ夫婦』まゆ

f:id:kazuyoshisan:20180719223225j:image

極度にシャイな彼と主人公が、交際して結婚して一緒に生活をする日々を描いた漫画です。

タイトルの通り、スキンシップはほぼゼロです。

 

友達の紹介で出会った主人公とみーさん。

 全く積極的では無いみーさんは、主人公に気があるようには見えません。

それでも友達が言うには、紹介したのに断らないのは珍しいので、みーさんは主人公に気があるように見えるらしいです。

そのアドバイスなどもあり、主人公はみーさんとのデートを重ねて行きます。

主人公の今までの恋愛は、過度に相手や恋愛そのものに依存するものだったので、みーさんとの穏やかな恋愛が、好ましくも思えます。

 

ただし、穏やかなのにも程があるのかも知れない。なぜならみーさんは極度の、言い方を変えると、病的なシャイだからです。

主人公が手を握ったら、すぐにその手を離されてしまいました。

それ以来数年間経つ今まで、二度と手を握る事はありませんでした。

メールも自分からは送って来ないし、返信のメッセージは業務メールの様な硬さです。

話す時も永遠に敬語です。

そもそも、あまり主人公の顔を見ません。

 

どうしたら進展するんだろう、と思い悩んだ主人公が「結婚式は三月で良いですか?」という言葉で結婚が決まります。

ここまでさせても、おそらくシャイだからという理由で、みーさんの感情は見えにくく、嬉しいともよろしくとも何も大したことは言いません。

 

結婚して同居が始まるが、当然のように寝室は別々の部屋です。

しかも、旅行に行った時にも二部屋取るという徹底ぶり。

親からは子どもはまだかと期待されますが、絶対に出来るはずがありません。

みーさんにその話をしても、結局状況を改善してくれる事も無く。

 

ある時、主人公は思います。

「私、一生このまま、そういう事をせずに終えるのだろうか?」

何というか、むご過ぎます。

 

この作品は、セックスレスでお悩みの方にオススメです。

きっと何かがつかめるはずです。

ひょっとしたら、思い切った決断をしよう、という勇気が湧いてくるかも知れません。