雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

『脳の強化書2』加藤俊徳

 

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

アタマがどんどん元気になる! ! もっと脳の強化書2

 

 

 

やはり頭を良くしたい、と言う願いは常にあります。

なぜなら、自分が十分に頭通と思えないからです。

そんなわけで、脳の教科書の続編である、2も読んでみました。

 

脳にはしたいと言う欲求と、したくないと言う欲求があります。

したくない場合は、過去に苦痛や不快を感じたことがあった、もしくは自分の脳が未熟なパーツを使うことのどちらかが理由になっています。

これを認識しておくと、したくないことでもしたいことに近づけられて、脳を強化することができそうです。

 

脳の一部である超前頭野というところは、85歳まで成長し、実行力や判断力に関わっています。つまり、ここを強化していけば、かなり高齢になっても成長が可能です。

 

では、具体的な方法に入ってきます。

一カ月に1日だけ、何をしても良いと言う日を作る。

自分が16歳だと思う。そして、先入観を持たずに何にでもチャレンジしてみる。

準備をするのに時間をかける。

カフェで1人の時間を作る。

自分のしたいことを10個あげる。

5人以上の知らない人と会話をする。

家族行事を増やす。

相手のことをよく見て観察する。

旧友と新しい経験をする。

お米をよく味わって食べる。

入浴や歯磨きなどにタイムリミットを設ける。

左手を使って何かする。箸で豆をつまむなど。

全く別のジャンルの映画を見る。

誰かに贈り物をする。

気持ちを落ちつかせて1から10まで数える。

妻のどこが好きかを考える。

自転車にゆっくり乗る。

漢字を音読する。

 

今回も、かなり具体的なやり方が書いてあります。そして、意識してやってみようとさえすれば、決して難しくなく実現可能な方法です。

どれも脳を強化できることでもあり、ひょっとしたら新しい刺激を受けて、楽しめることなのではないかと言う気がします。

楽しんで実行出来る人にとっては、とても良い本になるはずです。