雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

『40代でグンと伸びる人40代で伸び悩む人』テリー伊藤

 

 

 

 

早いもので、40代になりました。

いや、正確には40代になってから2年が経ちました。

つい最近まで20代だった気がするのですが、それは流石に図々しいですね。

40代で伸びる、もしくは伸び悩む。

以前に比べると、仕事も遊びも趣味も目新しいものが減り、なかなか成長を感じにくい年代なのかも知れません。

 

体を鍛えて体力をつけましょう。

 

大きい声を出す。松岡修造のように。

 

老け込まない、40代であることをポジティブに語る。

 

楽しい趣味を持つ。それを仕事に出来るとさらに良い。色々なものに挑戦してみる。

 

自己演出する。壇蜜のように。

 

部下や周囲を演出する。良いところを引き出す。己を省みる。

 

聞き上手になる。自分の弱味を隠さない。相手の得意分野の話を聞く。相手の話したい優先順位に合わせる。

 

オバさんを見習う。見栄やプライドを捨てる。いい人の殻を捨てる。変なデリカシーを捨て、嫌われることを恐れない。小利口にならない。

 

時代についていくフリだけでもする。新しいものを見聞きしたり、触れたりする。それを過去の人生経験と合わせて考えれば、40代がアドバンテージになる。

 

諦めず努力して、成功する自分をイメージしておく。

 

現在では、40代はまだ若い。

一方で渋い大人にもなれる。

まだまだ何でもできる年代で、考えようによっては、かなり美味しいといえる。

 

年をとったなぁ、とか、もう体力もないしダメだな、とか、人は考えたり言ったりしがちです。

そんな人達に読んで、元気になって貰いたいです。