雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

娘との交換日記に返事が無くなり、その寂しさから始めたブログです

『田中角栄100の言葉』宝島社

f:id:kazuyoshisan:20181113155144j:image

日中の国交正常化など、様々な功績を残した政治家である、田中角栄

人に対しての接し方が上手く、どんな人も彼を応援したくなったとも言われる。

そんな田中角栄の言葉を集めたのが、本書である。

 

初めに結論を言え。

理由は3つまでだ。このように3つでまとめ切れない大事は無い。

 

メシ時にはしっかりメシを食え。

 

相手の目を見て大きな声できちんと話せ。キョロキョロとして相手の目を見ないのはだめだ。声が小さいのは信用されない。

 

必ず返事は出せ。たとえ結果が相手の思い通りでなかったとしても(聞いてくれたんだ)となる。これは大切なことなんだ。

 

世の中は白と黒ばかりではない。敵と味方ばかりでもない。その間にある中間地帯、グレーゾーンが1番広い。真理は常に中間にある。

 

人に金を渡す時は頭を下げて渡せ。くれてやると思ったらそれは死に金だ。

 

祝い事には遅れても良い。ただし葬式には真っ先に駆けつける。本当に人が悲しんでいる時に寄り添ってやることが大事だ。

 

眠る事は私のことだ。人間は毎日、死に、生きている。その心境がわかってから、全てが怖くなくなった。

 

資本金精算等の個室は無い。子供には教育、学問だけをみっちり仕込めばいい。親が残した必要以上の財産は大体子供をダメにする。

 

直接接してもらえば田中がどういう人間か必ず分かってもらえる。ところがそうしない人もいるんだな。正面からちゃんと接してもらえばわかるのに。

 

遠い親戚より近くの他人の方が大事だ。自分が金持ちでも近所隣が貧乏では結局やっていけない。みんなが良くなれば自分も良くなる。

 

相手が立てなくなるまでやっつければ、敵方の遺恨はさらない。徹底的に論破してしまっては相手が救われない。土俵際には追い詰めるが、土俵の外に押し出す必要は無い。

 

人の悪口言ったり、自分が過去に犯した過ちを反省せず自分が全て正しいとする考え方は国の中でも外でも通用しない。

 

このほかにも、政治に関係する言葉などがたくさん収録されています。

様々なことを成し遂げた素晴らしい政治家だけあって、とても頷ける言葉が多いです。

これらの言葉は、政治の仕方や上に立つものや、本人の考え方を聞かれて語っている物ですが、実は誰にたいしても役に立つ言葉がたくさんあります。